不動産売却成功の
ポイント

不動産売却を成功させるポイントをご紹介します

不動産売却を成功させるポイントをご紹介します

伊東の「株式会社ファミリーリゾート」は、別荘などの不動産売却・買取において確かな経験と実績があります。こちらでは当社が不動産売却を成功させるためのポイントをご紹介します。地場の知識を持つ信頼できるスタッフを選ぶこと、適正な査定額が提示できることが大事です。当社は地域密着の営業を心がけ、地場の知識に精通しているため、適正な査定額をご提示できます。スタッフが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください。

成功のポイント

信頼できるスタッフを選びましょう

信頼できるスタッフを選びましょう

不動産売却は多くの知識を必要とします。スムーズに成功させるには、知識だけでなく経験も必要です。初めて不動産を売却される場合は、特にプロによるアドバイスが必須。売却先を探すためには地場の知識を持つ、経験と実績が豊富な不動産会社がおすすめです。分からないことを遠慮せずに質問できるかどうか、そしてスピード感を持って対応してくれる査定と、信頼できるスタッフであることがポイントです。

査定額が適正な不動産会社を選びましょう

査定額が適正な不動産会社を選びましょう

プロによるアドバイスを受けても、不動産売却を行うのはあくまで売主様ご本人です。病院のセカンドオピニオンのように複数の不動産業者に査定を依頼し、じっくりご検討ください。その際、高額の査定額を提示してきた不動産会社が良いとは限りません。査定額にしっかりとした根拠があるかを比較することが重要です。地元のことを知り尽くしている不動産会社であれば、適正な査定価格をご提示できます。

不動産の売却にかかる費用

不動産の売却にかかる費用

不動産を売却する際の価格設定には、支払わなければならない諸経費も計算に入れる必要があります。諸経費にはさまざまな種類があり、売却のケースにより必要かどうかも変わります。静岡県伊東市の「株式会社ファミリーリゾート」が不動産売却における諸経費についてご紹介します。

主な諸経費
登記費用 売却後は、不動産の名義が売主様から買主様に変わります。その際に登録免許税が必要です。司法書士への報酬で、手続きは司法書士が行います。
仲介手数料 仲介した不動産会社への手数料です。
測量費用 土地や建物を売買する際に、境界線にまつわるトラブルを防ぐために測量することがあります。必要に応じて行います。
建物解体・改築費用 売却条件として更地での引き渡し、改築・リフォームがあれば、解体や改築・リフォームの費用がかかります。
引越し費用・仮住まい費用 今、お住まいの不動産売却の場合は、引越し費用や仮住まいの用意が必要です。
印紙代 売買契約書類に必要な印紙代です。
譲渡所得税 売却額が不動産の取得額を超えた場合、課税対象になります。取得金額が分からない場合は売却価格の5%を取得金額とします。
仲介手数料

宅地建物取引業法によって、不動産売買の仲介手数料は上限が決められています。売却金額による計算式は以下の通りです。

売却代金400万円以上 「売却金額×3%+6万円+消費税」
売却代金400万円以下 「売却金額×4%+2万円+消費税」
売却代金200万円以上 「売却金額×5%+消費税」

例えば不動産売却代金が2,000万円だった場合は、712,800円(税込)以上の仲介手数料はかかりません。

仲介手数料はいつ支払う?

仲介手数料はいつ支払う?

不動産売却に関する手続きがすべて完了した後に支払われるため、完全成功報酬型の費用とも捉えられます。不動産の買い手がつかなかった場合や、売却の途中で費用をお支払いいただくことはありません。お引渡しの決済時で売却が成約するまで、仲介手数料は発生しませんのでご安心ください。

PICK UP!仲介手数料の必要性

仲介手数料は宅地建物取引業法によって上限が決められているため、価格が「高い」「安い」ということはなく、お客様の感じ方によります。実は不動産取引で必ず仲介会社が必要なわけではありません。知人同士で不動産取引をされる場合は直接取引となり、仲介会社が介入しないケースとなります。ただ、不動産売却ではトラブルが生じるケースも少なくありません。

売買条件の交渉、適正価格の相場感の違いなど専門知識が必要な場面が多くあります。無用なトラブルを避けるために、知人同士の不動産取引でも仲介会社に依頼するという方もいらっしゃいます。売買取引における安全性の確保の他、販売促進も仲介会社だからできる大切な役割です。

仲介会社の存在は必須ではなくても、その役割はお客様にとってかなり大きいと言えます。仲介手数料は事務的な契約の手数料ではなく、不動産売却に関するトータルな業務への対価であることをご理解いただきますようお願いいたします。