ローンの返済が難しい(任意売却)

競売になる前に「任意売却」という選択を

競売になる前に「任意売却」という選択を

別荘などの不動産を売却する方法のひとつに「任意売却」があります。不動産を購入した際に組んだ住宅ローンの返済が、さまざまな理由により滞ると、大切な不動産が差し押さえられ、競売にかけられてしまいます。そのような事態に陥らないためには、「任意売却」という選択があります。伊東・伊豆エリアの物件に精通している「ファミリーリゾート」には、銀行出身のスタッフも在籍していますので、ローン返済でお困りのお客様をしっかりサポートいたします。

任意売却とは?

任意売却とは?

不動産物件を住宅ローンで購入した場合は、「抵当権」が付きます。さまざまな理由で住宅ローンの支払いができなくなり滞納が長引いてしまうと、金融機関は抵当権に従い不動産を差し押さえ、競売にかけてしまいます。そうなる前に行うのが「任意売却」。債務者と債権者の合意に基づき、不動産を売却します。競売にかけられてしまうと市場価格より3~5割ほど安くなりますが、任意売却ならそれよりも高く売却することが可能です。

任意売却が可能な期間

任意売却が可能 ローン滞納の前 毎月の支払いは行っていても、ローンの支払いが苦しい状態。今のうちから早めに対策をご検討ください。
ローン滞納期間
3ヶ月以内
ローンの支払いが滞り出したことで、金融機関から督促状や一括弁済通知が届きます。このまま放置しておくと競売にかけられます。
ローン滞納期間
4ヶ月以内
不動産の競売を開始する通知が届き、通知から4~5ヶ月で競売が実施されます。
ローン滞納期間
5ヶ月前後
競売が間近に迫り、裁判所から競売の執行官が来て、物件の写真を撮ったり、不動産関係者が訪問したりします。
任意売却は不可 それ以上のローン滞納 競売が開始されます。不動産は差し押さえられ、立ち退きを強制されます。競売が開始されると任意売却はできません。そうなる前に当社にご相談ください。

競売と任意売却の比較

項目 競売の場合 任意売却の場合
売却価格 市場価格の5~7割程度と、大幅に低い価格で売却されることが多い。 市場相場に近い売却価格になることが多い。
残債 売却価格が低いため、任意売却より残債が多くなる可能性が高い。 売却価格が競売より高くなるため、競売より残債を減らせる可能性が高い。
返済方法 返済方法の交渉はできず、支払いの負担は変わらない可能性がある。 返済方法の交渉が可能で、無理のない分割返済にできる。
個人情報 新聞や広告、WEB上に情報が公開され、ご近所や職場に知られる可能性がある。 個人情報の秘密厳守で手続きが進み、周囲に知られずに売却が可能。
立ち退き 落札者が決まると、相手次第で強制的に立ち退きを要求される。 事前協議で交渉ができるため、強制的に立ち退かされることはない。
引越し費用 引っ越し費用を工面できる可能性はほとんどない。 協議の交渉次第で引越し費用を工面できる可能性がある。
生活再建 競売手続きのスケジュールで進められ、生活再建の計画は立てづらい。 手元に生活再建の準備金を残すことも可能で、再スタートが切れる。